愛人男性の局部を切断して持ち歩いた事件【阿部定事件】
スポンサーリンク

1936年(昭和11年)阿部定(あべ さだ)という女性が愛人男性の局部を切断して、逮捕されるまでの3日間持ち歩いたという奇妙な事件。(行為中に男性の首を絞めて殺害し、その直後に局部を切断しました)

今回はこの怪奇事件「阿部定事件」を紹介します。

 

阿部定事件とは?

1935年、当時30歳で芸者として転々と生活をしていた阿部定は東京の中野にある料理店で働き始め、そこで店主の石田吉蔵に恋をしてしまいます。

しばらくして二人は体の関係をもつことになり、仕事後に二人は頻繁に会うようになりました。

 

ある日この二人は東京市(現在の東京都)荒川区の旅館に泊まり四畳半の部屋で行為をします。

 

石田が異常な性癖を持っており、行為中に首をしめてくれと安部にいい、窒息プレイを楽しんでいたという。

すると石田は自分が眠っている間も紐で首を絞めてくれとお願いしたところ、阿部は2回ほど石田の首を絞め、石田は死亡しました。(1936年5月18日

 

その後、阿部は死んだ石田の局部を包丁で切断して3日間それを持ち歩くという異常な行動に出ます。

 

遺体を発見したのは翌朝11時ごろ。朝、阿部はお菓子を買いに行くと行って旅館を出るが、帰ってくる気配がなく、旅館の女中が部屋を確認したところそこは殺人現場となっていました。

 

殺された男には、血でシーツと石田の左太ももに「定、吉二人」と、石田の左腕に「」と刻まれていました。

 

国民のパニックと逮捕

阿部が逮捕されるまでこの事件はすぐに国民を興奮させます。

 

画像:Wikipedia

 

警察の捜索中に髪型や体型が阿部に似てるとの通報が入ったりして、銀座や大阪の繁華街がパニックに(阿部定パニック

阿部が現れたという情報が流れるたびに、新聞はそれをさも愉快に書きたてました。

 

スポンサーリンク

阿部定ってどんな人?

本人の画像です。

画像:Wikipedia

 

経歴
■1905年5月28日東京都神田に生まれる。
■15歳の時に大学生と二人でふざけているうちに強姦され、これが彼女の初体験になった。(この強姦を機に不良少女となる)
■17歳になると芸者の世界へ入りこみ、客に体の関係を求められ嫌々ながらも小遣いを稼いでいた。
■22歳?で大阪府の高級遊郭「御園楼」で働き始める。(遊郭とは現在の風俗にあたるもの)
■31歳で石田を殺害した容疑で逮捕。栃木刑務所に服役しますが、恩赦で刑期が半分になり1941年5月17日に出所。
■晩年は台東区におにぎり屋を開店し生計を立てる。
■1987年に死去した?という説が有力である。

 

 

逮捕の瞬間

 

事件発生から2日後、阿部は品川駅近くの旅館に偽名を使って宿泊していたが、その偽名に違和感を感じた警察が調査に訪れます。

警察が部屋を開けると阿部は昼間からビールを飲んでいて、こう言いました。

 

「阿部定を探しているの?あたしがその阿部定だよ」

 

阿部は切断した石田の局部を警察に見せたという。(警察が悲鳴をあげたほど衝撃的だった)

 

逮捕後、定には精神鑑定が行われ、担当した東大教授は阿部が先天的なな過剰性欲を持っていることが判明。

審問で「どうして殺したのか」と聞かれ、こう答えたそうです。
「私はあの人が好きでたまらず、自分で独占したいと思いつめた末、あの人は私と夫婦でないから、あの人が生きていれば、ほかの女に触れることになるでしょう。殺してしまえば、ほかの女が指一本触れなくなりますから、殺してしまったのです」

 

つまり愛人への独占欲から殺人へと発展したのである。

 

 

 

スポンサーリンク
事件の関連記事
  • 山口県の集落で起きた大量殺人の真実【山口連続殺人放火事件】
  • 歌舞伎町ディスコナンパ殺傷事件
  • イスラムを批判して日本人が殺害された事件【悪魔の詩殺人事件】
  • 軍艦が瞬間移動して16人が死亡した事故【フィラデルフィア実験】
  • 愛人男性の局部を切断して持ち歩いた事件【阿部定事件】
  • 三浦和義の死の真相【ロス疑惑事件】
おすすめの記事
人形は人を呪い殺す道具だった
都市伝説
よく心霊番組で髪が伸びるいわくつきの人形などが紹介されることがありますが、縄文時代から日本に伝わるこの人形、何の目的で作られていたのか。 そ...
歌舞伎町ディスコナンパ殺傷事件
事件
1982年、新宿の歌舞伎町で中学3年生の女の子がナンパされて殺傷される事件が発生しました。 近年、歌舞伎町は警察の取り締まりが厳しくなり、か...