100万人の生贄の心臓を捧げていた文明【アステカ文明】
スポンサーリンク

かつてメキシコで栄えたアステカ文明では生きたまま心臓をえぐりとられる生贄の儀式がありました。

神の怒りを鎮めるために行われていたこの儀式はいったい何のために、そしてどのような内容だったのか。

今回のテーマは生贄の儀式です。

 

アステカ文明の生贄の儀式とは?

1428年から1521年までメキシコで栄えたアステカ文明では、ウィツィロポチトリという神に対して様々なお供え物を捧げていました。(ウィツィロポチトリとは当時信仰の対象になっていた太陽神です)

野菜や果物、牛や馬や魚、基本的には食べ物でしたが、この文明では人間の心臓までもが供え物の対象になっていたといいます。

古代の日本でも生贄の儀式はありましたが、アステカ文明の場合犠牲になった人数のケタが違います。

 

およそ100万人以上犠牲になったと言われています。

 

なぜ生贄の儀式が行われていたかというと、アステカ文明では近い未来に太陽の寿命が尽きて暗黒の世界になると信じられていました。

太陽の死を少しでも遠ざけるために人間が生贄になり、自然災害を起こす神の怒りを鎮めようとしたのです。

ですが、この儀式は現代では考えられないほど残酷なものでした。

 

なぜなら、生きたまま心臓をえぐり出されていたからです。

 

画像:Wikipedia

アステカ生贄の儀式の画。ナイフで心臓を取られているのが見てわかります。

 

 

生贄に選ばれた人はまず、神殿の祭壇に寝かされて神官により石のナイフで胸を切り裂かれ手づかみで心臓を取られていました。

生贄獲得のための戦争で、捕虜になった人も強引に使われたといいます。

生贄になることが最大の名誉だったので、自ら志願した人もいたそうです。

 

他にはこんな恐ろしい儀式もありました。

これは豊作の儀式ですが、生きたままの生贄の体の皮を丁寧に裂き、司祭がその皮を着て踊っていたといいます。

さらには生贄を火の中に放り込んで焼き殺すという儀式も存在しました。

 

今現代では考えられないくらい残酷な儀式ですが、当時は神に死を捧げるのは名誉なことでした。

 

※2012年にメキシコシティの地下5メートルから大量の人骨が発見されましたが、当時神殿があった場所だったので、これが生贄の人骨だったと考えられています。

 

日本にも生贄の風習はあったのか

実はこの生贄の風習は日本にも存在していて、別名人身御供(ひとみごくう)といいます。

一番有名なのは邪馬台国の卑弥呼が死んだときに100人の女性が生贄にされたという歴史です。

この日本に伝わる人身御供を紹介します。

 

人身御供の中に人間を生き埋めにする人柱(ひとばしら)という風習があります。

人柱とは工事現場の事故で犠牲になった労働者のことを指しますが、実は元々は完成したお城や堤防や橋などが崩壊しないことを神に祈願するために人間が生き埋めにされ、この風習を人柱といいます。

 

有名なのが心霊スポットでもある北海道の「常紋トンネル(じょうもんトンネル)」です。

神に対する祈願ではありませんが、建設中に指示に従わなかった作業員をスコップで殴り殺したり、さらには過酷な労働により栄養失調などで100人以上が命を落とし、亡くなった作業員を現場に埋めたという話が言い伝えられています。(近所の住民により多数の人骨が発見されました)

トンネルが開通してからトンネル内で事故が相次ぎ、これが亡くなった人の怨念?と考えられ近くに慰霊碑が建てられます。

 

画像:Wikipedia

こちらが殉職者の慰霊碑です。

 

 

この生贄風習は古代から行われていました。権力者の葬儀の際に人を墓に生き埋めにしていましたが、あまりにもこの儀式が残酷だったため生贄の変わりに埋める「埴輪:はにわ」が登場しました。

これ以降、埴輪を死者と共に埋葬するようになります。

 

 

現代ではこんな人柱が発見されています。

1923年(大正12年)関東大震災で被害に遭った江戸城(現在の皇居)から16体の人骨が発見されました。

ほとんどの遺体が手を組み合わせていて、頭には古銭が乗せられていたといいます。

これは江戸城が建てられた16世紀の生贄、つまり人柱だったことが判明しました。

 

このような人身御供の言い伝えは全国各地に残されています。

有名なのが「静岡県の三股淵人身御供」。

三股淵という川と川が合流する場所があるのですが、この川には大蛇が住み着いているという言い伝えがあり、その大蛇の怒りを鎮めるために少女が生贄になりました。

生贄に選ばれた少女は15~16才の処女であり、そのまま川に投げ込またり、または入水という形で命を落としたといいます。

 

現在では考えられない生贄の儀式ですが、日本にも存在していたと考えると、とても切ないです。

スポンサーリンク
怖い雑学の関連記事
  • 粉挽き機で600人を殺した女性【ジンガ女王】
  • 夫婦間で適用される怖い法律【慰謝料の恐怖】
  • 突然人体が燃えだす現象【人間自然発火現象】
  • アメリカが行った危険な大気圏外核実験【ドミニク作戦】
  • 日本でも行われた残酷な処刑法【鋸挽き:のこぎりびき】
  • 強制的に去勢される秘密結社【ロシアのスコプチ】
おすすめの記事
津山30人殺しとは何だったのか
事件
このサイトに訪れた人はすでに津山事件をご存じの人が多いと思います。 1938年(昭和13年)岡山県の集落で都井睦雄(当時)という人物が起こし...
怖い安楽死の現実
怖い雑学
病気が回復する見込みがなく、自ら死を選択できる安楽死という制度。日本では安楽死は認められていませんが、海外では合法化されている国があります。...
三浦和義の死の真相【ロス疑惑事件】
事件
今から30年以上前に世間を注目させたロス疑惑事件。連日のようにニュースやワイドショーで報道され、日本人が大騒ぎしたこの事件。一貫して無罪を主...
歌舞伎町ディスコナンパ殺傷事件
事件
1982年、新宿の歌舞伎町で中学3年生の女の子がナンパされて殺傷される事件が発生しました。 近年、歌舞伎町は警察の取り締まりが厳しくなり、か...