世界最悪の独裁国家【エリトリア】
スポンサーリンク

独裁国家と聞いて思い浮かべる国、日本人なら身近なところで北朝鮮と答える人が多いと思いますが、北朝鮮を上回りそうな独裁国家がアフリカに存在します。

国名はエリトリア。

聞いたことがない人がほとんどだと思いますが、アフリカ北東部に位置する独裁国家です。

2017年のジャーナリストらによる「世界報道自由度ランキング」によると、エリトリアは世界ワースト2位でした。(もちろん1位は北朝鮮)

これは絶対的な独裁者の権力によって支配されている指標となるランキングです。

このエリトリアがどんな国なのか、丸裸にしたいと思います。

 

エリトリアの基本情報

まずエリトリアの位置です。アフリカの東部に位置しています。

参照:旅行のとも、ZenTech

 

1952年9月15日から1962年11月15日までエチオピア・エリトリア連邦だったが、62年にエチオピア軍政下になる。

メンギスツ(エチオピア初代大統領)の社会主義政権に対し国民の不満は高まりエリトリア独立戦争が展開。

そして1993年に独立しました。

 

史上最悪の独裁国家になる

エリトリア初代大統領に就任したイサイアス・アフェウェルキによって国会議員が選出され一党独裁国家を築きました。

まず、この国家には憲法選挙はなく、イサイアスの命令によって全てが決まるというシステム。

国民は男性も女性も18歳~60歳まで兵役が強いられており(42年間の兵役)、兵役を終えた後は建設や工事などの重労働に課せられるという。

※ちなみに北朝鮮の兵役期間は、男性は10年 、女性は7年です。(数年前に女性にも兵役が義務付けられました)

まさにこの世の地獄であり、何のために生まれてきたのかもわからない人生です。

 

そして、この不満だらけの政府を批判、抗議をしたものは即死刑になるという。(言論の自由はなし)

北朝鮮と同様に国外に逃げ出す国民がいるらしいが、地中海からヨーロッパに渡ろうとして遭難死する事故が跡を絶たないそうです。

2014年半ばまでに約35万人ほどの国民が国外へ脱出し、現在でも毎月5000人近くの国民が脱出しているらしいが、帰国すると拘束されて拷問を受けます。(つまり1度国外に逃げた人は二度と戻れない)

 

スポンサーリンク

なぜ軍事独裁国家になったのか

なぜ軍事に力を入れるのか

第一に考えられるのはエチオピアとの関係です。

エリトリアとエチオピアにはバドメという町の領土問題があり、1998年には紛争に発展しました。(2018年7月9日、エチオピアと首脳会談を行い、戦争状態の終結の共同宣言に署名)

他には国境を巡って隣国ジブチと対立(1990年には二度の軍事衝突)、イエメンと天然ガス田をめぐって紛争が勃発するなど、隣国との関係が悪化しているため、軍事力を高めていつでも紛争に対応できるようにしていると考えられます。

 

なぜ独裁国家になったのか

初代大統領のイサイアス・アフェウェルキは1967年に中国の大学に留学して毛沢東思想や軍事を学んだそうですが、この時に独裁国家に強い影響を受けたのではないかと思います。(毛沢東といえば社会主義独裁国家の象徴です)

 

独裁者イサイアス・アフェウェルキの画像

参照:Wikipedia

 

悪政を敷くイサイアス・アフェウェルキ。

見た目はただのおじさんに見えるが、この人が何人の国民を殺したかを考えると恐ろしいです。

スポンサーリンク
怖い雑学の関連記事
  • 粉挽き機で600人を殺した女性【ジンガ女王】
  • 夫婦間で適用される怖い法律【慰謝料の恐怖】
  • 突然人体が燃えだす現象【人間自然発火現象】
  • アメリカが行った危険な大気圏外核実験【ドミニク作戦】
  • 日本でも行われた残酷な処刑法【鋸挽き:のこぎりびき】
  • 強制的に去勢される秘密結社【ロシアのスコプチ】
おすすめの記事
日本にも【乱婚】の風習が存在した
しきたり&風習
集団の男女が複数の異性と性的関係を持つ乱婚という風習があります。男の嫁は複数、女も夫は複数の多夫多妻制と言われるものです。この婚姻制度が原始...
史上最悪の処刑法【ファラリスの雄牛】
怖い雑学
処刑法と言えば、歴史をさかのぼるにつれて残酷になっていくのはみなさんも知っていると思います。 その中で、古代ギリシャに存在したファラリスの雄...
津山30人殺しとは何だったのか
事件
このサイトに訪れた人はすでに津山事件をご存じの人が多いと思います。 1938年(昭和13年)岡山県の集落で都井睦雄(当時)という人物が起こし...