「もしもし」の謎
スポンサーリンク

日常で当たり前のように電話で使っている「もしもし」。

すでに知っている人は多いと思いますが、「もしもし」の語源は「申します」の「申す」です。

「申す申す」ということで、これから相手に問いかけますよ、という意味合いがあります。

 

でも、どうして「もし」を2回言う「もしもし」になったのか。1回だとダメなのか?

そこには怖い日本のしきたりがありました。

今回はこの謎を解明してみようと思います。

 

もしもしの語源とは

あまり知られていませんが、電話という電気製品が世の中に出たとき「電話交換手」という職業がありました。

これは何かというとAさんがBさんに電話をかけるときに仲介して相手の電話につなげる職業です。

つまり【Aさん⇒電話交換手⇒Bさん】のように、電話をかけると直接Bさんにつながるわけではなく、いったん電話交換手に通してBさんに配線を接続するというもの。

ここで礼儀として電話交換手の人が「申します申します」と断って回線をつないだことから「もしもし」に変わっていき、これが電話の挨拶となりました。

 

どうして「もし」を2回言うのか

ここからが本題なのですが、なぜ「もし」を2回行って「もしもし」になったのか。

それは、日本には古くから一声呼び(ひとこえよび)を嫌う風習があるからです。

 

山の中にいる妖怪幽霊が人間に声をかけるとき一声しか呼ばなかっため、人は相手の警戒心を無くすために必ず二声続けて呼ぶようにしていたそうです。

「おーい」と1回で声をかけるのはこの世のものではなく妖怪や幽霊だと判断され、一節だけの言葉を発することは不吉とされてきました。

憑りつかれてしまうので、もちろん返事もしてはいけなかったわけです。

 

つまり、電話で「もし~」と1回だけ言ったならその人はこの世の人ではないことになり、「もしもし」と2回言ったら人間であるということが証明できるということです。

 

現在の日本でも2回繰り返す言葉って多いように思えます。

「ねえねえ」「そうそう」「うんうん」「あれあれ!!」「どうどう?」「どっちどっち?」「こっちこっち!!」

日常で無意識に2回言ってる単語って多いような・・・一声だとさみしさや無愛想な感じもありますね。

こう考えると今の日本人も昔の風習の影響を受けているように思えます。

スポンサーリンク
都市伝説の関連記事
  • 寝言に返事をしてはいけない【返事をされた人は死ぬ】
  • 人形は人を呪い殺す道具だった
  • 「もしもし」の謎
  • 神社にまつわる怖い話
おすすめの記事
津山30人殺しとは何だったのか
事件
このサイトに訪れた人はすでに津山事件をご存じの人が多いと思います。 1938年(昭和13年)岡山県の集落で都井睦雄(当時)という人物が起こし...
東京は鬼門を封じていた【東京の風水】
しきたり&風習
風水で北東を「鬼門」、その正反対である南西は「裏鬼門」と呼ばれています。 中国から伝わったこの方位学、すでに東京も風水によって設計されていま...
最恐の心霊スポット【朝鮮トンネル】
激ヤバ地帯
岐阜県では心霊スポットとして有名な二股トンネル、通称「朝鮮トンネル」 岐阜県中南部の国道418号線に位置するいわくつきのトンネルです。 肝試...
霊柩車の謎【どうして親指を隠すのか】
しきたり&風習
霊柩車を見かけたら親指を隠せ!という風習があったのを知っている人は多いと思います。 私も子供のころは霊柩車が通ると必ず親指を隠していました。...