京都長岡ワラビ殺人事件【謎の未解決事件】
スポンサーリンク

多くの謎が残された「京都長岡ワラビ殺人事件」別名「長岡京殺人事件」。

昭和54年(1979年)5月23日に43歳の主婦と32歳の主婦が仕事終わりにワラビを採りに行き、2日後に山中で遺体で発見された事件です。(片方の主婦は強姦されました)

1994年に時効を迎えて未解決となっているこの事件を紹介したいと思います。

 

事件の概要

昭和54年5月23日A子さん(43歳)K子さん(32歳)は午前6時から午前10時までスーパー「いずみや」で勤務していました。

勤務先で食品を購入してその後にワラビ採りに行くと言い、近くの「野山」という山へ向かいました。(11に山頂に到着してワラビ採りを始めた)

しかしその後2人は行方不明になり25日の午前10時半、捜査官により山頂付近で遺体で発見されます。

 

 

遺体の状況(地獄図だった)

以下、遺体発見時の状況と京都の医大の教授による司法解剖の結果です。

A子さんの遺体の状況
●殴打、足蹴りによる30ヵ所の皮下出血が発見される。
●助骨が9本骨折。肝臓破裂。
●体内からは犯人の体液が発見され強姦されたことが判明。
●なぜか発見当時は衣服を着用していた。
K子さんの遺体の状況
●首を絞められた痕跡あり。
●上半身&下半身露出の状態で胸に包丁(刃渡り18センチ)が刺さっていて心臓を貫通していた。
●左手は包丁の柄の部分を握りしめていた(刺されてすぐに包丁を抜こうとしていた)
●強姦の痕跡は確認できなかった。

司法解剖の結果により、犯行は正午~14時半までに行われたと推測されました。

 

 

スポンサーリンク

謎のメモが見つかる

この事件の最大の謎、それは「わずか3行のメモ」が残されていたということです。

これはA子さんが着用していたズボンの右ポケットから発見されました。

 

これがその謎のメモです。

「オワレている たすけて下さい この男の人わるい人」と書かれています。

この紙は彼女が勤務していたスーパーのレシートであることがわかりました。

ですが、このメモがいつどのような状況で書かれたのかが謎のままです。

捜査本部では

・男に追われている段階で書かれた

・暴行されてから書いた

この2つの選択肢に絞りました。

 

そしてこのメモには「この男の人」と書かれていることから、犯人は単独であると推測されます。

複数犯なら「この男の人たち」という言い方になるからです。

ただ決定的な根拠が存在せず単独犯であったのかは断定できないそうです

 

「犯人」に疑われた男たち

事件発生から1ヵ月ごろ、警察は怪しいと思う人物をあげました。

 

①ワラビ採れますか男

事件発生1年ほど前に主婦がワラビ採りをしていると人の気配がして顔を見上げました。すると包丁を持った男が立っていて「奥さん、ワラビ採れますか?」と話しかけられ、主婦は逃げました。

②二人組の男

事件の当日、被害者の2人が山に入ってすぐの午前11時40分に2人の男が山へ入るところを近所の人が目撃している。

③近くの作業員

現場となった近くで建物の工事をしていた作業員が犯人ではないか、との推測があったが警察のターゲットにはされなかった。

④茶色の男

事件の6日前(5月17日)に主婦(30歳)に話しかけた中年の男性が「たくさん採れますか?」を話しかけたという。男はそのまま下山していった。

年齢は40歳~45歳くらいで茶色の衣服を着用していたとのこと。

さらに5月10日にも主婦によって目撃されていました。

その男の似顔絵がこちら。

七三分けに細い目が特徴のこの男が犯人?

警察はこの男の目撃証言が犯行現場から70メートル、200メートルと近かったため、「この男こそが犯人」だと判断して捜査を進めていきました。

しかし似顔絵を公開したのにも関わらず、犯人の特定には至らなかった。

 

事件の最大の謎

この事件は謎を残したまま迷宮入りしました。

その謎をまとめてみます。

事件の謎
謎① 強姦されたA子さんは服を着ていて、強姦されていないK子さんは脱がされていた。
謎② A子さんは声をあげて助けを呼ばないで、メモをするという手段を選んだ。
謎③ K子さんの胸に突き刺さっていた包丁からは犯人の指紋が検出されなかった。
謎④ K子さんだけが刺された。
謎⑤ メモしたときに使用した鉛筆が発見されていない。

これらの謎は解明されることなく捜査が打ち切りになりました。

 

長岡市で起こった放火殺人事件との関連があるのか?

このワラビ採り殺人事件の5年後に、長岡市に住む主婦が刺され、さらに布団に火をつけられて殺害される事件がありました。

この殺された主婦は被害者2人の勤めていたスーパーで働いており、事件当日いっしょにワラビ採りに行く予定だったが当日になってキャンセルをしたため難を逃れました、という話があるが、これはデタラメな情報であるとのことです。

口封じ目的で殺したのではと推測されるわけですが、この殺害された主婦が同じスーパーに勤めていたという事実はないとのこと。

おそらく被害者2人とは面識のない人だと思います。

 

そして時効に

29000人の捜査官を導入したが、残念なことに1994年5月23日この事件は時効になりました。

野山近辺に設置されていた看板なども撤去されることに。

A子さんとK子さんは野山付近の西山の墓地で静かに眠っています。

スポンサーリンク
事件の関連記事
  • 山口県の集落で起きた大量殺人の真実【山口連続殺人放火事件】
  • 歌舞伎町ディスコナンパ殺傷事件
  • イスラムを批判して日本人が殺害された事件【悪魔の詩殺人事件】
  • 軍艦が瞬間移動して16人が死亡した事故【フィラデルフィア実験】
  • 愛人男性の局部を切断して持ち歩いた事件【阿部定事件】
  • 三浦和義の死の真相【ロス疑惑事件】
おすすめの記事
日本にも【乱婚】の風習が存在した
しきたり&風習
集団の男女が複数の異性と性的関係を持つ乱婚という風習があります。男の嫁は複数、女も夫は複数の多夫多妻制と言われるものです。この婚姻制度が原始...
神社にまつわる怖い話
都市伝説
日本人が日常で参拝しに訪れる神社。お祭りや初詣時に足を運ぶ人が多いと思いますが、実はそこには守らなければいけないルールが存在します。神社とい...
怖い安楽死の現実
怖い雑学
病気が回復する見込みがなく、自ら死を選択できる安楽死という制度。日本では安楽死は認められていませんが、海外では合法化されている国があります。...
東京は鬼門を封じていた【東京の風水】
しきたり&風習
風水で北東を「鬼門」、その正反対である南西は「裏鬼門」と呼ばれています。 中国から伝わったこの方位学、すでに東京も風水によって設計されていま...