ドイツで【ナチス式敬礼】を行うと逮捕される
スポンサーリンク

2017年にドイツの首都ベルリンで中国人男性観光客2人が「ナチス式敬礼」をしながらスマホで撮影しているところを警察官に逮捕されました。(罰金500ユーロ:日本円で6万5千円)

第二次世界大戦でドイツは大量のユダヤ人殺害した歴史があるため、ナチスは戦争時代の象徴であります。

ドイツは敗戦国の日本と同様、戦後は民主主義に移行したため、政府はナチスドイツ時代を闇に葬りたいのが本心です。

今回はドイツではタブーであるナチスについて書きたいと思います。

 

ナチス式敬礼とは?

ナチス式敬礼(別名ドイツ式敬礼)とは直立の姿勢で右手をピンっと張り、腕を胸の位置から斜め上に突き出すポーズです。

この敬礼はヒトラーへの忠誠を意味していることは有名。

 

ドイツで過去に起きた問題

ドイツは戦後、ナチスを連想させるスピーチやシンボルなどを法律で禁止し、たとえ冗談でも民衆扇動罪で逮捕されるようになりました。

※民衆扇動罪(みんしゅうせんどうざい)とは民主主義の否定、またはそういった言動に対して課せられる罪。

 

 

-過去に起きた問題-

■2006年、お店のクリスマスディスプレーで右手を挙げたサンタクロース人形が、ナチス式敬礼に似ているとされ撤去された

■2014年、アメリカの洗剤メーカーP&Gの洗濯用洗剤をドイツで販売したところ、箱に「88」と表示されていたため販売停止となった。(本名はアドルフヒトラーだが、民衆がヒトラーへの忠誠、賞賛するときの掛け声はハイルヒトラーでした。ハイルとは日本語では万歳にあたるもの。ハイル(頭文字はH)ヒトラー(頭文字はH)、そしてHはアルファベットで8番目、つまりハイルヒトラーは数字で88になる)

■2015年、車のナンバーに「1」「8」を使うことが禁止された。(アドルフ=A ヒトラー=H、アルファベットで1番目と8番目)

■酒場で酔ったアメリカ人がでナチス式敬礼をして、何者かに暴行を受けるといった事件もある。

■2016年、日本では欅坂46のコンサートでメンバーがナチス風の軍服衣装を着ていたため、世界中で炎上した。

 

日本で認知されてる事件なので、ドイツ国内で調査すればこれ以上の事件が発覚すると思います。

スポンサーリンク

そもそもヒトラーはどんな悪いことをした人?

ユダヤ人を強制収容所で大量虐殺した人で有名なヒトラーですが、そもそも何をした人で、どうしてユダヤ人を殺したのか。

大学受験とかで世界史をとった人はわかるかもしれませんが、そうでない人もいると思うので彼が行った悪行をざっくり説明します。

ヒトラーの悪さ① 戦争を仕掛ける

第一次世界大戦でドイツは敗戦します。そして勝利した連合国とドイツの間の講和条約「ベルサイユ条約」を結びますが(この条約は植民地を持たないことや、軍事力の制限、ドイツ領土の一部をフランスに返還することを約束したもの)ヒトラーはそれらを無視し、オーストリア、チェコスロバキアを併合したり、ポーランドに攻め入りました。(これが第二次世界大戦のきっかけになります)

そしてフランスにも進行して制圧し、さらには独ソ不可侵条約(ドイツとソ連の間で互いに攻撃しないことを約束した条約)を破棄してソ連にも侵攻を開始しました。

※もうやりたい放題のヒトラーですが、裏では熱心なドイツ愛国主義者でした。

ドイツ人の暮らしが豊かになるため行ったドイツから見て東側の「東方生存圏」を推し進めました。なんでもやるヒトラーですが、近隣の国からは猛反発を受け、最終的に第二次世界大戦でドイツは敗戦し、ヒトラーは自殺しました。

ヒトラーの悪さ② 大量の人を虐殺

いうまでもなくヒトラーはユダヤ人が大嫌いでしたが、そもそもどうしてユダヤ人を大量虐殺したのか。

その理由の1つとして、ヒトラーはアーリア人至上主義者でした。(アーリア人とはインド・ヨーロッパ語を話す民族)

そのアーリア人の中でもドイツ人が最も優れたアーリア人であるという強い考えがありました。

ドイツをアーリア人による国にしたいがために、この思想はユダヤ人等の排斥の支柱ともなりました。

 

ユダヤ人は金融関係の仕事をしている人が多く、世界の金融はユダヤ人によって支配されていると考えたヒトラー。

このようにユダヤ人には商人が多く、財力をもっていたわけです。

第一次世界大戦の敗戦と世界大恐慌で貧しかったドイツ人にとって、凄く嫉ましかったわけです。

だから、そのユダヤ人を悪者にすると国民からの支持を集められたわけです

 

そして600万人(諸説あり)ものユダヤ人を迫害しました。(これをホロコーストといいます)

 

ヒトラーはまた「生きるに値しない生命の除去」を目的として精神障害者などの安楽死政策(T4作戦)も実行しました。

※あまり知られていませんが、同性愛者の男性女性も最終的にはホロコーストの犠牲者となってます。

 

さらには1938年パリのドイツ大使館で、書記官がユダヤ人青年に射殺され、この報道にドイツ国民は激怒し国内のユダヤ教会堂やユダヤ人商店を襲撃し、90人以上のユダヤ人が殺されます。(水晶の夜事件)

スポンサーリンク
怖い雑学の関連記事
  • 粉挽き機で600人を殺した女性【ジンガ女王】
  • 夫婦間で適用される怖い法律【慰謝料の恐怖】
  • 突然人体が燃えだす現象【人間自然発火現象】
  • アメリカが行った危険な大気圏外核実験【ドミニク作戦】
  • 日本でも行われた残酷な処刑法【鋸挽き:のこぎりびき】
  • 強制的に去勢される秘密結社【ロシアのスコプチ】
おすすめの記事
日本にも【乱婚】の風習が存在した
しきたり&風習
集団の男女が複数の異性と性的関係を持つ乱婚という風習があります。男の嫁は複数、女も夫は複数の多夫多妻制と言われるものです。この婚姻制度が原始...
神社にまつわる怖い話
都市伝説
日本人が日常で参拝しに訪れる神社。お祭りや初詣時に足を運ぶ人が多いと思いますが、実はそこには守らなければいけないルールが存在します。神社とい...
本当は怖いお葬式
しきたり&風習
今回は意外とよく知られていない葬儀関係の記事です。お葬式に参列したことある方、多いと思いますが、あまり深く調べたことがないかと思うのでこの記...