軍艦が瞬間移動して16人が死亡した事故【フィラデルフィア実験】
スポンサーリンク

1943年10月、アメリカ軍によって行われた海上の船の極秘実験の末、乗務員の大半が不審な死を遂げました。

しかも船は姿を消して遠く離れたところにテレポート(瞬間移動)していたという。

この謎のフィラデルフィア実験の真相に迫ります。

 

フィラデルフィア実験とは何?

事件が起こったとされるのは1943年10月28日。(第二次世界大戦の真っ最中)

当時アメリカ海軍は敵であるドイツ軍のレーダーに悩まされていて、レーダーから逃れるにはどうするべきかを考えていました。

そこで考えたのは「軍艦の表面の磁気を消す」ことでした。

当時のレーダーは船体が発する磁気に反応することがわかっていました。

つまり船体の磁気を消滅させればレーダーを回避できるということです。

 

ニコラス・テラス(電気技師、発明家)という人物により、船に強力な電力を生み出すことによって磁場を消せるということが判明します。

この計画をレインボー・プロジェクトといいます。

 

 

画像:Wikipedia

実験に使用された駆逐艦エルドリッジ

 

 

磁場の消滅が人体に与える影響も観察したかったため多くの海兵が乗せられました。

ですが、この実験を行った結果、恐るべき事が発生します。

 

強力な電力を船内に流す実験を開始するとすぐに海面から緑色の光が出てその光がエルドリッジを包み込みます

さらにしばらくするとエルドリッジは浮き上がっては乗組員と共に消えてしまいました

 

エルドリッジはレーダーから消えたため実験は成功のように思えるが、物理的に姿を消してしまい、さらに船は約320キロ離れたノーフォーク軍港で姿を現したといいます。

 

つまりテレポート(瞬間移動)したわけです。

 

それから数分後、光に包まれたエルドリッジは再びもとの場所に姿を現します。(320キロ離れたところからもとの場所に再テレポート)

このような不思議な現象を起こしたのがフィラデルフィア実験です。

 

戻ってきた船&乗組員はどうなったか

再び姿を現したエルドリッジは悲惨な光景でした。

船内は丸焦げになっており、実験器具は全滅、乗組員の大半が異常な状態で死亡という、まさに地獄図でした。

 

下記、死亡者の状況です。

死亡者の状況
●全身が焦げていた
●体が凍りついていた
●壁に体がめり込んでいた
●完全に消えていた

 

消えてしまった人&死亡者は16名

生き残ったが精神異常をきたした者は6名

 

さらに死を免れた乗組員は実験中の船内の状況を次のように語っています。

船内の状況
■体が突然燃え上がった 衣服だけが船体に焼き付けられた
■甲板に体が溶け込んだ
■発火した計器から火が移り、火だるまになった
■突然凍り付いた(冷凍化)
■半身だけ透明になった
■壁の中に吸い込まれた
■体が物体にのめり込んだ
出典フィラデルフィア計画 - Wikipedia

 

このように取り返しのつかないことになりました。

ですが、政府は責任追及を逃れるため実験データはただちに破棄され実験自体はなかったものとし封印します。

 

スポンサーリンク

誰がこの事件を密告したのか

政府は実験を闇に葬ったわけですが、いったい誰が密告したのか。

1965年にアメリカのモーリス・ケッチャム・ジェサップ(天文学者、UFO研究家)という人のもとに一通の手紙が届いたことが始まりです。

 

画像:https://www.ufo.se/index.php/j/891-jessup-morris-ketchum-1900-1959

モーリス・ケッチャム・ジェサップ本人の画像です。

 

 

差出人はカルロス・マイケル・アレンデという謎の人物であり、その手紙にはこのプロジェクトの内容が書かれていました。

ですがモーリスは次第に手紙の内容を疑うようになり文通を断ち切ります。

 

そして3年後、モーリスは謎の自殺をしました。

アレンデの手紙の内容に魅了され精神が病んでしまい、死を選んだとのこと。

死因は車の排気ガスをホースで車内に流したことによる一酸化炭素中毒でした。

 

政府はこのアレンデという人物を探してみたが、結局は見つからなかったといいます。

 

こんな実験はなかったとする意見も

このフィラデルフィア実験そのものはなかったという意見もあります。

専門家によると信憑性がないという。

まずアメリカの海軍がこの事件を否定してるのと、実験に使用したエルドリッジは当時、別の場所にあったという。

また、手紙を送ったアレンデの証言は支離滅裂で内容を証明できるレベルではなかったそうです。

 

ただ、アレンデには海軍の友人がいたので実験を目の前で目撃したのか、その友人から話を聞いたのか、未だに謎は明らかにされていません。

スポンサーリンク
事件の関連記事
  • 山口県の集落で起きた大量殺人の真実【山口連続殺人放火事件】
  • 歌舞伎町ディスコナンパ殺傷事件
  • イスラムを批判して日本人が殺害された事件【悪魔の詩殺人事件】
  • 軍艦が瞬間移動して16人が死亡した事故【フィラデルフィア実験】
  • 愛人男性の局部を切断して持ち歩いた事件【阿部定事件】
  • 三浦和義の死の真相【ロス疑惑事件】
おすすめの記事
東京は鬼門を封じていた【東京の風水】
しきたり&風習
風水で北東を「鬼門」、その正反対である南西は「裏鬼門」と呼ばれています。 中国から伝わったこの方位学、すでに東京も風水によって設計されていま...
「もしもし」の謎
都市伝説
日常で当たり前のように電話で使っている「もしもし」。すでに知っている人は多いと思いますが、「もしもし」の語源は「申します」の「申す」です。「...
日本にも【乱婚】の風習が存在した
しきたり&風習
集団の男女が複数の異性と性的関係を持つ乱婚という風習があります。男の嫁は複数、女も夫は複数の多夫多妻制と言われるものです。この婚姻制度が原始...
津山30人殺しとは何だったのか
事件
このサイトに訪れた人はすでに津山事件をご存じの人が多いと思います。 1938年(昭和13年)岡山県の集落で都井睦雄(当時)という人物が起こし...
タワーマンションに潜む【恐怖】
怖い雑学
誰もが憧れたことのあるタワーマンション住まい。高層階からの眺望、セキュリティー、資産価値、これほど贅沢な生活をできる住居はタワーマンション以...